国際派の企業

man working with laptop on sofa

中古品の販売といえば、古書店とか古物商とか、その手の商売が思い浮かぶ。扱うのは古家具や古本、古着……などなど、中古の品々だ。中古車という品目もその中のひとつであり、文字通り人が乗り、何かの事情で手放した車が中古車販売ルートに乗る。そして新たな乗り手のもとへと渡っていくのである。
ところで、古本の場合はその多くが日本国内で取引されて、ページがボロボロになったりインクが薄れたりして読めなくなるまで、ぐるぐる循環することになる。古本屋で買った本が、実はかつて自分が売った本だった、なんて奇跡も実は人が気づかないだけで、起こっている可能性はある。

しかし中古車の場合は少々事情が異なる。というか、エスビーティーという企業が成功を収めてから、いっそう事情は異なることになった。エスビーティーは国際派の企業である。日本国内で循環する古本とは違い、古自動車……いや中古車の場合は世界をめぐることができる、むしろ日本国内より実は海外のほうが日本の中古車は買い手が多い。ということに気づいたのはエスビーティーが最初であるかどうか……それは謎だが、とにかくエスビーティーはこの事業で成功した。
国際的なマーケットで、中古車を販売するという事業で。
特に、エスビーティーが販売するマーケットとして開拓しているのは東南アジアやアフリカ、中東などの地域に広がる発展途上国の国々だ。
現在、40を超える国々にエスビーティーの事務所があり、日本国内から送り出される中古車が販売ルートに乗り、買い手の手へと渡っているのである。

海外で買われる理由

man working with pc

中古車の買い手をエスビーティーが海外に求めた理由は、どこにあるのか。その理由は日本国内での「中古車人気」と、海外でのそれを比べてみれば歴然とする。海外では日本車が大人気なのである。

多彩なサービス

man typing on keyboard and holding pen

中古車を送り出すだけでなく、中古車を仕入れることに関しても、エスビーティーは熱心に取り組んでいる。車を買取業者に引き取ってもらいたい人のための一括査定サービスを提供している。

飛行機に関する事業

man typing keyboard

成長し続ける企業であるエスビーティーは今、地上を走るクルマだけでなく、空を飛ぶ飛行機に関する事業にも手を伸ばしている。個人向けの飛行機ライセンス取得サポートという事業である。